» 2016 » 1月のブログ記事

引っ越しは日は、もう1か月以上前から決まっていて、毎日少しずつ、準備をして、当日を迎えるはずでした。
でも、引っ越し前の引継ぎや送迎会などの飲み会などで、あっという間に2週間前、1週間前、そして、気付けば前日に。

7f91233cb04faaf130c1da07b73a767b_s
使わない洋服こそダンボールには入ってるけど、食器や洗剤はまだ、出しっぱなしです。
さすがに、前日は、会社から休みをもらって、準備をするようにしていたので、時間はたっぷりあるけど、引っ越しは、全く計画通りには進まないものだなと。
ひとまず、スーパーから持って帰ってきた、段ボールやホームセンターで買った引っ越し用の段ボールに詰め込んで、とにかく部屋を空っぽにしました。
引っ越し先で使いそうなものは、なるべくまとめてわかるようにしたいけど、退去前の軽く掃除もしたいので、洗剤やスポンジや雑巾は後回しになっています。
そういえば、学生の頃の引っ越しも、前日位にバタバタを準備をして、適当な箱に詰めて、というような感じだった記憶があります。
そして、どこに何が入っているかわからない段ボールを引っ越し先で、片っ端からあけて、ものを探す羽目に。
情けない話、その頃から、あまり成長してないんだなと、つくづく自分の事を思ってしまいます。
それでも明日には、引っ越しのトラックが来てしまうので、やらねばならないんです。
社会人になって、もう何年か経ちますが、引っ越し先で、今頑張って、片っ端から箱を開けて、食器と雑巾と洗剤を探しています。
次こそは、計画的に引っ越しの準備をしよう!

単身パック 料金 相場について事前に調べておきましょう。

487519d354343e8703ece500a52ad9ec_s

昔は滋賀県へ引っ越したかった、そんな自分の考えを思い出します。京都、奈良、滋賀、三重や大阪に詳しいわけではないのです。
直接な御縁は、それまで全くないのです。友人が引っ越した方面であり、私は追っかけたくなる心地のまま今にも至ります。
例え話、少し書いてみます。ある家庭の姉と妹。そういう感じです。姉妹関係を例として挙げています。姉は人生の先輩です。妹は姉の背を見て羨みながら育つのです。こういった流れを<影響力>というのでしょう、きっと!

当時、私は友人から影響を受けて、<いいな〜>と肯定的に、引越しを捉えていたのです。しかしながら、その友人としては未知の地域へ飛び込んだはずです。けっこう厳しい感覚だったことと思います。心境は同じと思えません。知人がいない場所への引越しは心細かったはずです。私のような追っかける立場は、だいぶ違いがあり有利です。自分よりも前に、その友人がいるだけで心強いのです。
思い出せたので、もう一つの例もかいておきましょう。野球界やサッカー界も、そっくりです。プロサッカーでは、KAZU選手が第一人者です。日本を飛び出し、へこたれずに情熱を貫いた英雄です。野球ならば野茂選手のポジションです。やはり業界の先頭に立って、異国へ飛び込むようなポジションは、寂しさも感じるはずです。あとから追っかける、憧れて先輩を追うような気軽さはないと感じます。
ゴチャゴチャ書いてしまいましたが、それぞれ先輩のポジションと後輩のポジションです。
追っかける人たちは、何も悪くないです。私も友人を追うようにして憧れで引越し意欲が湧いたのです。たったそれだけの因果関係です。
私が御伝えしたい事、なんとなくは伝わると思っています。上手な言い回しが出来ないと、なかなか万人へ理解いただけないかもしれないですね。