» 2017 » 1月のブログ記事

段ボール箱を梱包するときにはガムテープを使います。一般的には紙の素材のテープでもガムテープと言われますが、本来は布製のテープがガムテープというタイプです。

布地になっているので非常に強力であり、段ボール箱にくっつけると、基本的には段ボール箱を薄く剥がしていかないとガムテープは取れない状態となります。それくらい強力に固着させることが可能となります。

梱包作業するときには、テープをカットするためのカッターやハサミなどを準備しておきます。なくても大丈夫な物だと思っていても、実際に道具をしっかり準備して作業すると非常にはかどることが分かります。
381cc7cd892918fc5ce83023fcf73adc_s
その為、一通りの段ボール箱とガムテープ、そしてカッターなどの道具は準備してから梱包作業を始めます。

名古屋市内 引越し 相場について

そして、良く使うのがビニールひもです。ビニールの状態なので強めに縛った後でも、カッターでラインを切るだけですぐにほどけてゴミ箱にひもを処分することが可能になります。

ある程度の強度もあるため、ビニールひもを使う頻度はかなり多くなります。特に布団などを袋に入れるだけでなくひもで結んでおけば持ちやすくなります。液晶テレビを破損しないようにするために、毛布でくるんでビニールひもで縛るのは良い対策となるはずです。

a0002_001223

大手の引越センターを利用すると、安心の引越しができる可能性が高くなります。大手の業者は引越し作業に多くの人数をかけてスピーディに作業をしてくれます。

大型トラックを1台用意するのではなく、中型トラックを複数台現場に入れるので、荷物が入り次第現場から車両を出して行くのでスムーズな引越し作業が可能となります。

格安で仕事をしてくれる引越し業者の多くは、作業スタッフの人数が足りなくて作業時間が長引いてしまう可能性があります。時間が長くなっても、全ての道具を移動してくれるのであれば全く問題無いと考える場合と、作業のスピードを重要視する人によって印象はかなり変わります。

引越しをするときにはオプションサービスなどがいくつもあり、エアコンの取り外しをしたり、アンテナの取り外しなどを依頼することもあります。

複数の引越し業者間で価格を比較するときには、このようなオプションサービスを無料でつけてくれる可能性もあるのです。そのあたりの情報をチェックしていくとよりお得な引越し業者がどこであるのか分かってきます。

最近では様々な引越し業者の良い情報がネットに溢れていて、逆にトラブルになった情報もすぐに確認できます。その為、間違いの無い引越し業者選びが簡単に可能となります。

単身の引越しの場合には、単身パックというリーズナブルなサービスを提供している業者があります。大手の引越し業者が打ち出したサービスですが、ほぼ同じ価格で類似したサービスをどの引越し業者も用意している可能性があります。

この場合、単身パックで移動できる家具類の量もどこに依頼しても同じ量となるので、完全に横並びのサービスの内容となります。そうなると、価格だけを重視して選ぶ事が可能となります。
e376194eb13307b41d259c1787953a21_s
単身パックで移動できる家具などの範囲はさほど大きくないので、冷蔵庫が大きいと他の道具が入りきらないなどのデメリットがあります。特に大型テレビなどを使用している場合には、規定のサイズ内に梱包することが難しい可能性があります。

そのあたりのマイナス点を考慮しても、単身パックの費用はかなり安くなるのでメリットは大きくなります。自分でマイカーを所有しているのであれば、ある程度の範囲をマイカーに入れてしまえば、単身パックで十分に引越しが可能となるはずです。

これらの格安の引越しの情報は、地元の情報誌やネットのサイトなどでも確認することが出来ます。引越しについて悩んでる人達の掲示板があれば覗いてみることです。量が少なければかなり格安で引越し作業を完了する事ができるのです。

転勤 引越しの場合もチェックしておこう!

自宅の建て替えに伴う引越しが間近に迫り、ようやく各部屋内の片付けと荷作りが完了した直後、庭を見るとまだ地面は様々な草花で青々しており、このまま放置してゆくにはちょっと勿体無いと感じました。

f907c31e40d940afcf01aa1455de9b84_s
それらの中でも元気なのは数年前から地植えに切り替えた白い斑入りのオリヅルラン。元々ランナーを四方に伸ばし勝手に増えてゆくものなのですが、本格的な建て替えとなると庭の植物もあらかた一掃されてしまいますから、どんなに元気でもここで命運が絶えてしまいます。
建て替え後の庭に温室を建てる構想もあり、そうなると床面の保湿に大きく役立ってくれるオリヅルランの株はかなり貴重。そこで数株を一旦掘り上げレスキューする事となりました。
適当に用土をみつくろい、庭に根を下ろしている株の中から最も元気そうな数株をチョイスし、周囲に張った根ごと綺麗に掘り上げ、丁寧に鉢内に据え、その用土を流し込んで行きます。
無事植え替えが終わったオリヅルランの株は一時的な引越し先であるアパート内に避難。元々日陰にも強い種類ですから、日照の足りないアパートでも楽に管理する事が出来ます。
全てリフォームが完了するのはおよそ3カ月後の事。それまで株を健康に保ち、新たな庭や温室に持ち込みたいところです。